傷の残らないわきが治療は千葉のクリニックで相談するのが一番

メスを使わずにわきが治療ができる

ただ、治療を行うときには抵抗感があったのも事実です。
これは、私が相談をしたときには治療方法が限定されている傾向があったからです。
一般的に、ワキガの治療を行うときには原因となっている悪臭を立つために、アポクリン汗腺を物理的に抑えなくてはいけません。
具体的には、脇の皮膚の部分にメスを入れて切開をしなくてはいけないという難点がありました。
私は、クリニックに行く前にこのことを自分で調べていましたので、抵抗感が強く治療を迷っていた時期もあったのです。
けれど、千葉のクリニックでこれとは別の治療法があったのを見て、治療を行うことを決意しました。
この方法は、マイクロウェーブの熱を利用する方法で、脇にメスを入れない手段でした。
クリニック側から説明を聞くと、実際の治療効果はメスを入れたときとほぼ変わらないということも分かったので、私はそちらの方法を選択することにしたわけです。
結果は、大正解だったといえます。

当院おすすめ多汗症ワキガ治療ミラドライ🙌
涼しくなった今の時期にも施術はおすすめです🥰💓
気になる方は是非たろうメディカルクリニック🏥へ✨✨#西宮 #ミラドライ #ワキ汗 #たろうメディカルクリニック #ニオイ #モニター価格 #切らない治療

— たろうメディカルクリニック (@taroclinic) October 21, 2020

もしかしてわきが?セルフチェックで確かめるメスを使わずにわきが治療ができる汗も抑えられ効果に満足