電車の中の恋人

酒とタバコと電気ベースと料理とキャリア…まあいろいろ

仕事

現実か、架空か

新幹線でなく在来線に1時間30分乗りました。そこからさらに別の在来線に乗り換えましたが、Suicaが使えずに久しぶりに現金で切符を買いました。改札でどこにタッチするのか探していたら「切符をご購入ください」と言われて驚きました。 私は比較的、まだ現金…

仕事にやり甲斐を求めるな

前の会社を辞めたのは、担当業務にやり甲斐をまったく感じられなかったからです。書籍出版事業の突然の廃止と書籍編集部の解体、クビ宣告を経て異動しましたが、ガマンすることがどうしてもできませんでした。 異動後の担当業務は、何の専門知識もいらないデ…

人生は難しい

仕事は単なる金を稼ぐ手段と割り切ればよいのでしょうけど、そう簡単に割り切れないのが人間です。昨年、転職したことを後悔していませんが、思い悩む出来事が発生しました。威勢の良い手拍子を聞いてもなかなか気分が晴れません。人生は難しい。

心の余裕

「午後3時過ぎから飲んでいる人って何をやっているんだろう?」…と、私も思われたかもしれません。何ときょうは自宅近くで取材という数年に1度の奇跡が起こり、当たり前のように直帰し、久しぶりに明るい時間から飲んでしまいました。 tabelog.com いまや横…

仕事はできないけど気の良い人

「無駄の削除」「生産性と効率の向上」「成果主義」― 2001年に大学を卒業し、超就職氷河期を経験した私は、これらの言葉に常に追い立てられてきました。私だけでなく、バブル崩壊以降にサラリーマンになった人であればみんな同じだと思います。 いまの時代に…

人の振り見て我が振り直せ

先日、知人に頼まれて、ある原稿を1本、書きました。1時間弱のインタビュー音源をもらい、テープ起こしをして、色々なことを調べて、約2,000字で2万円です。私は多少の専門知識があるので4時間ぐらいですべて終えますが、労力を考えると決して高くはありませ…

きょうもどこかでリストラ

隣の部署(約30人)が丸っとリストラされることになりました。決して赤字ではなかったのですが、思っていたほどの利益が上がらなかったので、その事業をやめるそうです。事業部丸ごと買い取ってくれるところを探していたそうですが、見つからなかったので、…

アル中病棟

これまでたくさんの書籍を読んできましたが、私の人格形成に多大な影響を与えたタイトルがいくつかあります。バルザックの『幻滅』だったり、スタンダールの『赤と黒』だったり、三浦哲郎先生の『忍ぶ川』だったり、人生の節目で重要な書籍と出会いました。 …

紅葉を生ける

古流いけばな師範のずずずです。 喉が痛かったり、熱があったりするわけではありませんが、何となく身体が重く、働く気にならないので、16時ごろにふらっと帰ってきました。夕方のスーパーはお母さんと子どもたちであふれ、怒り怒られつつも平和な日常にホッ…

新卒の同期

中学生から高校生、高校生から大学生になるとき、価値観が変わりますが、それでも学生という大枠は同じで、自分の根っこにあるものは変わりません。しかし、大学生から社会人(高校生から社会人)になるとき、自分の根本が大きく変わります。学生から社会人…

忖度とかつれつとサクラ

仕事で嫌なことがあり、それでも明日も行かなければならないのがサラリーマンであって、頭を冷やしつつ考えを整理するため、遠回りして歩いて帰ってきました。忖度は現実のサラリーマンにとって仕事の1つです。 katsuretsuan.co.jp Facebookをぼーっと眺めて…

お局

「外資系は、仕事ができない人はどんどん消えていき、仕事ができる人だけが残っていく超精鋭集団でしょう?」と聞かれることがよくありますが、そんなことはありません。本社は海外といえども、日本の会社法に則って日本国内でビジネスをしているので、いわ…

新幹線通勤

新幹線で通勤している友人がいます。1人は神奈川県の小田原というところから六本木ヒルズまで、もう1人は新横浜から静岡まで、そういえば前の会社に群馬県の高崎から都内まで通ってきている人がいたことを忘れていました。それほど珍しくありません。 新幹線…

大阪って良い街ですね

隣の芝生が青く見えるだけだと思いますが、大阪は良い街だと思います。私がいつも行くのは梅田や淀屋橋といった繁華街だけですので、本来の日常は分かりません。また、大阪オフィスの若手は、私が横浜に住んでいるというと「やべー、チョー羨ましいっす。横…

大中小企業の果てに残るは

ふとこれまで働いてきたところを振り返ると、大中小を網羅していることに気付きました。社員数で見ると、新卒で入った新聞社は約300人で中企業、2社目の出版社は約50人で小企業、3社目となるいまの会社は確か5,000人ぐらいです。 1社目の新聞社はマスコミと…

出戻り社員

自己都合で退職した会社に戻る、いわゆる出戻り社員が増えているそうです。本人が戻りたいというのならまだしも、会社側がそれを受け入れるとは思えなかったのですが、最近はむしろ出戻り社員を歓迎する会社が多いそうで。 私の部署で先日、ボスの気まぐれで…

校正記号

出版社や印刷会社にお勤めの方以外でも、校正記号というものを見聞きしたことがあるのではないかと思います。原稿を校正していて、間違っている箇所に赤ペンなど目立つ色で「トル」「イキ」など書いてあるものです。 私は学生時代に指導教授の著書の素読みを…

内定式

オフィス周辺できょう、リクルートスーツ姿の若い男女を何人も見かけました。通勤電車で聴いているFMで言っていた内定式に参加する学生のようです。オフィス周辺には株主総会などを開けるシティホテルがあるので、きっとそうでしょう。 新卒の3年離職率は相…

プレミアムフライデー

そういえば、プレミアムフライデーなんていう取り組みがあったよなあ…と思い出したのが今朝の京急車内で、きょうがその月末の金曜日ということに気付いたのが午前11時過ぎ。メインで担当している週刊媒体も早めに校了したことですし、午後3時過ぎコソッと退…

組織の看板

以前の会社でお付き合いがあった方々と転職後の新しい会社でもまた付き合えるというのは嬉しいものです。私がフリーになったのではなく法人に転職し、発注する側だから付き合ってもらえるのかもしれませんが。 大企業の部長だったころはお中元にお歳暮が山の…

Amazon Hub

帰りに近くのスーパーに寄ったところ、いつの間にかAmazon Hubが設置されていました。ネットニュースで見たばかり、まず23区内だろうと思っていたので、横浜といえども下町にこんなに早く設置されるとは思いませんでした。 Amazon Hubは、Amazon専用の宅配ロ…

就職氷河期世代はわがままなのか

7~9月に5日間、有給休暇とは別に夏季休暇を付与されています。私はきょうまで3日間を取得しました。9月を過ぎると消えてしまうので、残り2日間を消化するよう言われていますが、どう考えても休めない状況に陥っています。 しかし、本当に休みたいとき、例え…

ふと心細く

私は仏文学者を目指していました。ゼミでは常にトップで、指導教授にも目をかけてもらい、学部生のときから大学院の講義に参加させてもらっていましたし、そのまま大学に残るのが当然と思っていました。 しかし、大学院入試で失敗しました。修士までは希望す…

先入観の排除

ジャンピング土下座せんばかりの勢いでクライアント先に謝罪に出向きましたが、刷り直しでなく正誤表の作成、しかも正誤表は印刷するのではなくウェブにアップするだけという対応になりました。 つまり、追加費用は1円もかからないということです…。 正誤表…

誤植

仕事で特大ミスをやらかしました。3万部を刷り直しです(もちろん費用はこちら持ち)。刷り直すだけでなく、3万部を回収して再配布するわけですから、結構な費用になります。 誤植が見つかったからですが、原因はデザイナーの組版時のテキスト入力ミスです。…

仕事で書くコラム再び

健康保険組合連合会が一昨日、2018年度決算見込みと、将来の健康保険施策に関する提言を発表したので、これをテーマにコラムを書きました。新しいカテゴリーを作ってみたりして。 --- ■目前に迫る保険料率30%時代 健康保険組合連合会(健保連)が2018年度決…

少しずつ変わっている証拠

8日(日)の夜にはすでに「明日は在宅勤務にします。よろぴく♪」とメールしていた軟弱者のずずずです。もっと言うと、ライブをやるお店に向かう前、家を出るとき(16時ごろ)にはメールしていました。 台風など自然災害による交通機関の麻痺と、それでも何と…

お休み

きょうは色々あってとても疲れたので、久しぶりに更新はお休みして眠ります。パトラッシュ、僕はとても疲れたんだよ…

ずずず、疲れています

きょうは在宅勤務にする気満々でしたが、どうしてもオフィスに行かなければならない用事ができてしまい、仕方なく出社しました。ただし、いつもよりのんびりです。 近所の神社は来週末、お祭りです。協賛の提灯が並べられ始めました。京急は最寄り駅から横浜…

赤い彗星

私が京急ユーザーで、いかに京急を愛しているか、ここを以前から覗いてくださっている方はご存知かと思います。このブログを始めたのも京急がきっかけの1つですから。 ふだんであれば京急と聞いても関東の方と鉄道ファン以外はピンとこないかもしれませんが…