電車の中の恋人

酒とタバコと電気ベースと料理とキャリア…まあいろいろ

歩きタバコ

歩きタバコ野郎が世の中から消えてくれないものかと念じています。非喫煙者はもちろん喫煙者も歩きタバコ野郎はムカつきます。臭いに加え、火種が危なく、禁煙前も歩きタバコだけは絶対にしませんでした。

最寄り駅から自宅まで歩いている途中、歩きタバコのおっさんがいました。加熱式でなく紙巻きで、結構な臭いです。おっさんが前を歩いていたので、背後から思いっきり蹴りたい衝動に駆られましたが、武力行使は何とか耐えました。

おっさんは歩きタバコに対して後ろめたいと思っているのでしょう。人通りが少ない裏路地に入ってから火をつけました。そんなに吸いたいなら表通り沿いで堂々と吸えばよいのに、と思いましたが、その度胸はないわけです。

「喫煙にマナーなんかない。吸っていること、この世にタバコが存在していること自体、耐えられない」と嫌煙家は言います。元喫煙者は嫌煙家になりがちですが、私はさすがにそこまで言いません。喫煙席や喫煙所など、決められた場所で吸うことに何の文句もありません。

非喫煙者の中にも、過激な嫌煙家の主張は行き過ぎだと感じている人がいます。吸う場所や臭いに気を遣ってくれれば構わないという人がほとんどです。
かし、このおっさんのようなバカのせいで、禁煙包囲網は狭まる一方です。そこまでして吸いたいのに、なぜ自分で自分の首を絞めるのか。

国が認めている嗜好品ですし、多額の税金を納めているわけですから、必要以上に後ろめたく感じる必要はありません。格好良く紫煙をくゆらす大人には憧れがありましたが、最近はそんな大人も少なくなり、歩きタバコをするような情けないおっさんばかりになったことが寂しい限りです

依存症という病気に厳しい国

日本という国は、依存症という病気に対する意識が低いと思います。依存するものが薬物であれアルコールであれ、ニコチンであれ、ギャンブルであれ、スマホであれ、ゲームであれ、すべて自己責任という言葉で片付けられます。

自己責任論にも一理あると思います。それらへの依存を断つことができた人はたくさんいますし、そもそも依存しない人もたくさんいます。依存性物質・行為に依存するかしないかは自分自身の気持ちによるところが多大です。

しかし、それでも自ら律することができなくなってしまうのが依存性物質・行為の怖いところであり、依存症という病気なのです。私自身、アルコールへの依存とニコチンへの依存を克服した経験者なのでよく分かります。

f:id:wakabkx:20191211222946j:plain

きょうは仕事で中央社会保険医療協議会という日本の医療政策を決める場を取材してきました。ギャンブル依存症の治療にかかる費用を保険適用にするかどうかがテーマになり、議論していました。そこである委員が冒頭のことを言いました。

折しも芸能人の薬物に関する事件が続いています。法で禁止されていることなので、罰を受けることは当然だと思いますが、必要以上に罰を与えず、治療すべき病気であるという認識がもう少し広まってもよいのではないかと思います。

依存症でいちばん辛いのは自分自身です。